商品詳細
アフリカ花梨材・延棹(東サワリ付)
花梨材・丸打彫
糸巻き本黒檀 素六(8分5厘)
両面合成皮
付属品胴掛け・音緒・指掛・糸(3の糸・1本)・撥(プラスチック)・胴ゴム・つぼシール・駒(プラスチック)・長袋
商品説明お手頃な低価格ながら、天然木の花梨材を使用した本格セットです。
しかも付属品が充実しており、到着後すぐに演奏が始められます。
皮は両面合成皮を使用しておりますので、音質的には少し物足りないかもしれませんが、初めて三味線を手にされる方の楽器としては申し分ございません。
合成皮は本皮と比べると音色は劣りますが、本皮に比べ皮の管理がし易く、破ける心配もございませんので初心者の方には扱いやすいと思います。
棹、胴は花梨材、糸巻きは上質な本黒檀(素六)を使用しております。
練習に必要な付属品はすべて一式揃っておりますので、商品到着後すぐに練習が可能です。

また、こちらの津軽三味線には「東サワリ」が標準装備されております。
東サワリが付いていることにより、倍音成分を増やして音色に味を付け、響きを延ばす効果がありますので「ビーン」という伸びのある「サワリ音」が効いた津軽特有の音質がいたします。
サワリ音は「東サワリのネジ」を回して調整をいたしますので、どの音階でもサワリ音を出すことが可能になります。
では「東サワリ」が付いてない津軽三味線はどうなのか?と言いますと、サワリ音の調整ができませんので、サワリ音が鳴り難く、津軽三味線特有の伸びのある迫力のある音色は期待できません。
津軽三味線には東サワリが装備されていることが音を鳴らす上で大変重要な役割を果たしますので、この価格帯で「東サワリ」が標準装備されているのが一番のポイントになります。

この価格帯での他メーカーの三味線と比較しましても、材質が硬く、東サワリなどの金物類は日本製ですので、故障も少なく、コストパフォーマンスの高い三味線です。(他メーカーのものは木が軟く、金物などは中国製が殆どです)
 
 
RSS

津軽三味線入門セット(東サワリ付・花梨延棹・合成皮張り)-本体